「明治の赤煉瓦」で牛タンを

なぽりたん

こんにちは!

なんと1ヶ月ぶりになってしまいました。うつらんリポーターのなぽりたんです。

怒涛の夏期講習でなかなか更新できず申し訳ない…あっという間に8月も終わりになってしまいました。そろそろ宇都宮ランチ巡りを再開したいところ。

まず、本日は高根沢から近い御幸エリアにやってきました。

「明治の赤煉瓦」という老舗レストランです。

ずーーーっと気になっていた牛タンとオムライスという看板。

お店は東京駅っぽい外観で、とても素敵なんですよね。レトロな雰囲気が漂っております。

メニューを拝見すると

☑︎牛タン定食

☑︎オムライス

☑︎タンシチュー

☑︎巨大エビフライ

この4つがメインのようです。古き良き洋食屋さんではあるのですが、ガッツリ食べたい方に向いてます。

今日は牛タンな気分だったので、ガッツリ牛タン定食にしました。麦飯やとろろ、テールスープもついてきます。牛タンといったら、やはり麦飯にトロロ。

じゃん。

焼いた石の上に厚切りの牛タンがズラリ…。

麦飯にとろろをかけてスタンバイ。

タンを一口たべると、ジューシーでやわらかーい。麦飯がどんどん進みます。

店内を見回してみると、洋館風の佇まい….

明治時代にタイムスリップしたかのような雰囲気です。

カジュアルなデートにも良さそうですね。レトロな洋食屋さんのガッツリランチ、いかがでしょうか。

レポートここで終わり

このランチをレポートした人は ↓

SNSで最新情報を受け取る