\月間5万!ページビュー達成!/

遅めの時間にカルボナーラと珈琲のランチ「マイナースイング」

編集長

うつらんのDaiosです!

 

先日、うつらんレポーターのkarayu氏と2人で訪れたのは、宇都宮のシンボルロード(市役所と県庁を南北に結ぶ道)にある、喫茶軽食「マイナースイング(cafe minor swing)」。

こちらがお店の外観。RADIO BERRYさんのむかいあたりです。

 

約束の時間は15:00。

お店に入ると、昼下がりの茶店のいい感じの雰囲気。(店内の写真撮るの日苦手で、撮っていませんm(_ _)m)

店名の通り、ギターや関連するものがあちこちに飾られています。

 

karayu氏と、珈琲をのみながらお話ししようと思って、2人でメニューを見ていたら、なんとなく小腹が減っていることに気づく。

karayu氏に、それとなく小腹が空いていることを打ち明けると、同じくお腹が空いているとkarayu氏。

 

2人でがっつり食べ物を注文しました。

なので、15;00ではありますが、ランチ。

 

トマトソースのスパゲティと悩んで注文したのは、カルボナーラ

THE カルボナーラといった風貌です。

ベーコンと胡椒の感じが、視覚的に満足させてくれます。

 

ぺろりといただきました。

 

そして

食後に、運ばれてくる、キャラメルなカップと共にきた 珈琲 マンデリン。

オーストラリアやニュージーランドで、ロングブラックという、エスプレッソをお湯で割って飲むスタイルに馴染みがあるDaiosは、濃い目のコーヒーを好みます。

ということを、マスターに恥ずかしげもなくお伝えしたらお勧めいただいた、良き一杯でした。

 

 

そんなわけで、

パスタと珈琲のおかげで、karayu氏との話も心地よくすすみました。

 

と、一方的に思うDaiosでした。

(karyu氏が心地良かったと思っているのかは知るよしもない・・)

 

 

karayu氏って?というかたはこちら

 

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
レポートここで終わり