生きてる餃子 バリス 

masa

神出鬼没な気まぐれレポーターのmasaです。

友人と一緒に

最近できたばかりの餃子屋

生きてる餃子 葉栗鼠 (バリス)さんにお邪魔してきた。

同じくレポーターのはっつんさんも以前にお邪魔しているのを見て

存在を知った。

まさに、うつらん様様だ。

宇都宮と言えば餃子の激戦区であるが、

いま宇都宮でもっとも勢いがある  ※私が勝手に思っている

市内では有名な

株式会社チームバリスタさん(バリトン、バリチョウ、など経営している会社さん)

が餃子業界についに参入!

これは期待値高いでしょう!

 

 

私が注文したのは、

初回ということもあり、ノーマルの焼き餃子。

友人はチーズと大葉の餃子。

ぷっくらしたフォルムで中身がぎっしり詰まっているのは

見た目でわかる。

醤油と黒酢で作ったタレにちょっとつけてパクリ。

 

断面。(私が注文したノーマル焼き餃子)

皮がもっちもちで食べ応えがある。

餡もたっぷりでご飯もすすむ!それにしても、黒酢めちゃ合うな。

にんにくが入ってないのが営業マンにはうれしいところ。

そして、友人が注文したチーズと大葉もめちゃくちゃおいしかった。

ゆかり風味のコショウをちょっと振りかけて食べる。

くそう、

ビールが呑みたいぜぇ。。。

くせになりそうな味だ。

チーズと大葉の餃子、本当にお薦め。

※チーズと大葉の写真は撮り忘れた

そして、店員さんもフレンドリーに接してくれるので楽しかった。

目の前で、餃子を生地から作って見せてくれるので

そのパフォーマンスも面白かった。

トータルで大満足(^^♪

 

2階には、大通り沿いから移転したサルバリも入っているので

今度はそちらにも伺ってみよう。

 

 

★生きてる餃子 バリス

宇都宮市池上町1-11 1F (シンボルロード沿い)

ランチ 11時30分から15時まで

夜は17時から24時まで営業

 

不定休とのことなので、お気をつけて!

 

 

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
レポートここで終わり