宇都宮駅ビルの立ち食いお寿司ランチ 忠治

Daios

こんにちは、うつらんの だいおす です。

ちょっと久しぶりのレポートになってしまいました!

最近、多忙。という言い訳をしていて、コンスタントにレポートをアップできずでした。。
うつらんではランチレポーターさんを募集しています。ヘルプ歓迎!)

 

さて、週末に、宇都宮駅でランチをしてきたので、他県から宇都宮に来る方などにも参考になれば幸いです。

 

JR宇都宮駅。いや、正確には駅の隣の、ヨドバシカメラに用事がありました。

ヨドバシをあらためて撮影。気づいたら、tonarie(トナリエ)?という名前がついている?

振り返れば宇都宮駅です。

ランチといっても16:30頃だったでしょうか。夕暮れな一枚。

そんなわけで遅めのランチです。

 

ヨドバシカメラで、新しいタブレットなどを物色し、ついでに本屋さんで本を一冊買いつつ、

お腹ペコペコ。。

 

向かったのは、、、

すぐ反対側にある、宇都宮駅ビル「PASEO」。

 

寿司好きが、ランチに向かう先はというと、

1Fにある、

立ち食い寿司(テイクアウトも可能) 忠治

に、まっしぐら。

宇都宮では知らない人はいない、奴寿司さん(寿司華亭など、複数のお寿司屋さんを運営)が運営。

こちらが↑入り口の様子。75円~というのが目立ちますね。

 

早速店内に入ると、時間帯もあってか、人がおらず。(ちょっとラッキー)

照れ屋な私は、なんとなく、奥から3番目という、無難ポジションに立つことにしました。

 

ここは、1年くらい前に一度来て以来、2回目。立ち食いという、普段あまり無いのでちょっとドギマギ。

 

目の前には、少しお若そうな、板前さんが。

「おすきなものどうぞ。」

 

いいですね。では、メニューをみましょう。

立ちながら、すしのタレとガリを用意しつつ。お茶もセルフです。

 

立ち食い寿司 忠治 のメニュー

こちらが基本のメニュー。

 

※写真を撮っていませんが、板前さんの背後には、その日のオススメなんかもあるので、それはこの基本メニューにはのっていないので、要チェックです。

 

さあ、そうです、ペコペコなんです。

さっそく、イカとアジを注文してみました。

板前のお兄さんが、軽快に握りを置いていってくれます。

イカは無心で食べてしまい、、、

アジからの写真です。(反省)

 

寿司は、手で食べる派です。。

(しっかりとしたおしぼりを出していただけますので、衛生面OKです)

アジ、美味です。

 

続いて、マグロ赤身とつぶ貝です。

 

続いて、生ニシン。250円。

いいですね。こちは本日のオススメにありました。

 

そして、マグロのほほ肉。210円。

こちらはタレなど付けず、そのままでということでした。

こちらも、肉々しくて、よかったです。

 

その他に、タコなんかを食べました。

最後に、宮のおふくろいなり(宇都宮の母ちゃんのイナリずし ということでしょう)で 〆。

私のおふくろの味かは置いといて、シメにふさわしいいなりでした。

 

 

そして、時間にして、10分か15分くらいでしょうか。

 

サクッと短時間で、大好きなお寿司を満喫できて、一貫ずつなので色々食べることができる。

手軽なんだけど、目の前で握っていただいたものを、食べることができる。
トータルで色々とコスパよいですね。

 

電車に乗る前など、また利用させて頂きます。

ごちそうさまでした。

 

 

おまけ

最後に、

感じのいい板前さんと、食後にこんな会話がありました。

 

食事中、私が、あまりにもパシャパシャ写真をとっていたので(撮影許可をいただいています)、

 

感じのいい板前さん「あの~、差し支えなければ、随分と写真を撮られて何に使うんですか?(笑顔)」

私「はいそうですよね。す、すみません。。ブ、ブロガーなもので。。(ブロガーなのか?)」

感じのいい板前さん「そうなんですか!では、後で見に行きますね(笑顔)」

私「ありがとうございます。ぜひ、、(照)」

 

なんでしょう、こっぱずかしいものです。

 

いずれにしても、ここまで話しをきいてくださったので、

もうアレですよね。コレをくれといっているようなものですよね。そういうフリですよね。

 

社交辞令など一切無視。すかさずお渡しして、逃げるように帰ってきました。

 

まるで、バレンタインチョコを放課後に渡す小学生女子のごとく。

 

板前さん、お話しをきいてくださり、ありがとうございました。

 

 

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
レポートここで終わり