宇都宮の街中の甘味処「三芳(みよし)」(宇都宮市馬場通り)

編集長

こんにちは、うつらん編集長のだいおすです。

宇都宮の街中の甘味処「三芳(みよし)」さんでランチしてきました。

馬場通り1丁目。焼肉グレートさんとか、二荒山神社の駐車場入り口のある通りですね。

 

ここです↓

 

言わずと知れた名店ですが、わたしは若きころにここの近所で働いていいたこともあり、何度も利用させていただいているお店のひとつであります。

とはいっても、いつも甘味(小倉パフェ、あんみつなど)やトコロテンのみの、いわゆるおやつ的な利用がほとんどで、しっかりランチする機会はそんなにありませんでした。

 

 

今回は、しっかりランチ、

うどん と ところてん をいただきました。

 

 

店内に入ると、こんな感じの椅子とテーブルがお出迎え。

コロナ対策で、以前とはずいぶん違う配置になっておりました。

 

場合によってはアクリルのパーテーションもありました。

 

うどん と ところてん を注文し、

5~6分するとやってきました。

 

おおお。ちからうどん。しっかりとしたお餅がひとつ、堂々と。

(家族とおじゃましたのですが、向かいの家族の席はパーテーションを隔てておりました)

そして、左は好物の心太。

 

うどんは、やわらかめの麵。

 

そして、ところてん。

酢と醤油、好みで七味なんかをかけていただきます。

 

 

そして、おまけというかメインというか 汗

あんみつ です。

素晴らしいツヤ。艶。存在感。

 

 

もちろん美味しいですよね。言わずもがなです。

暑い夏には、こんな和なランチも◎。

 

ごちそうさまでした🥢

 

 

 

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
レポートここで終わり